4月なので特に深い意味もなく、タイトルを変えてみました。


by piccorina_k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

a0045300_16532336.jpg『ロード・オブ・ウォー』を観ました。★★★
『ガタカ』『シモーヌ』に続くアンドリュー・ニコル監督の第3作。実在した武器商人数人のエピソードをまとめ1人の架空の男の一生を描いた半実話。ウクライナからアメリカに移住したユーリー(ニコラス・ケイジ)は弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)と2人で武器売買の事業を始め世界有数の武器商人へと成長していきます。憧れの女性エヴァ(ブリジット・モイナハン)とも結婚し順風満帆な生活を送っている彼にインターポール(国際刑事警察機構)の刑事バレンタイン(イーサン・ホーク)の捜査の手が迫ります。
題材がデリケートだった為にイラク戦争真っ只中のアメリカで資金調達ができなかったといういわくつきのこの作品、主人公のユーリーが武器商人へと成り上がるまでがトントン拍子過ぎてちょっと肩すかし。史上最大の武器商人である一方で良き夫良き父であるユーリーはただのビジネスマンにしか見えなくてそれが逆に妙なリアル感を出しています。内容は濃いながらもテンポ良くストーリーが展開するので、重すぎず軽すぎず絶妙のバランスです。
1枚の真鍮板から銃弾が誕生してアフリカに渡りその役目を終えるまでの“一生”を描いたオープニングはとても興味深く面白い映像でした。ただ観終わった後は重い気分になることは確か。
ニコラス・ケイジは今にも泣き出しそうな情けない顔が日本一いやアメリカ一良く似合う!イーサン・ホークは格好ヨカッタ♪インターポールってことは銭形(←ルパン三世)と同僚?!
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-30 17:14 | cinema
NEWSWEEKアジア版の表紙は金城武!しかしながら、どうやら日本では発売されていない模様です。
アジア版って・・・日本はアジアじゃないのかよぉおおお!
a0045300_915010.jpg

[PR]
by piccorina_k | 2005-12-25 09:02 | diary

台湾ふたたび?

a0045300_2401240.jpgみきっくすちゃんと一緒に難波の大阪高島屋にある「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に行ってきました。台湾の感動をもう一度!あの小籠包をもう一度!今回は牛の角煮が乗ったピリリと辛い麺やデザートに杏仁豆腐までついた特別セットとカニの小籠包も単品でオーダー。ああ、鼎泰豊の小籠包は小さな宇宙です。無限の可能性を秘めています。要するに、何個でも食べれるってこと。「京都や東京にもお店があるんですよー」と親切に教えてくれた店員のお兄さんがテーブルを去った後で「私達、台湾のお店に行ったもーん♪」なんて浮かれたりして。
台湾で食べた時より皮が少し厚いネーなどと細かいチェックも入れつつ、完食。また行こう!全種類食べてやろう!
a0045300_2403998.jpg消化を促進させるべく難波をブラブラした後、「冰館(ピンクァン)」のカキ氷に挑戦。台湾では100mもの行列を記録し、知らない人はいないというほどの有名なカキ氷店。日本出店第1号のこの店には夏に一度来てあまりの美味しさに「台湾行ったら絶対食べよ」と決めていたにもかかわらず、台湾では立ち寄るのを忘れてしまっていたという唯一の心残り。目玉はマンゴーがたっぷり乗ったマンゴー冰ですが、11月で終了したとのこと。残念。今回は氷そのものに練乳を練り込んだ、本店にはない日本だけのオリジナルかき氷“雪綿花(イチゴ)”を食べました。美味い!美味すぎ!冷たい!冷たすぎ!ふわふわした氷の食感がたまりません。イチゴと練乳って相性ピッタリですよね~♪また行こう!全種類食べてやろう!
来年の目標(?)が2つも決まった1日でした。
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-22 02:44 | food

『Q&A』

a0045300_0242375.jpg恩田陸の『Q&A』を読みました。★★
都内郊外のショッピングセンターで重大死傷事件が発生し、その原因を究明する為、当時の被害者や目撃者、あらゆる関係者達が召喚されるという問答形式でストーリーが展開していきます。様々な証言は食い違いながらも事件の謎は少しずつ解き明かされていきます。
『ユージニア』の時もそうでしたが、今回もまた読み始めるとグングン引き込まれて一気に読み進めてしまいました。でも、最後がなんとなく前回同様、不完全燃焼気味。
偶発的な出来事が複数のフロアで同時に発生し、ショッピングセンター内にいた人がパニックを起こして逃げ出したことで被害が大きくなってしまったと判明するのですが事故の原因は不明のまま。舞台が大型ショッピングセンターという身近な存在なだけに薄気味悪さが残りました。読み終えた後、しばらくは「うーむ」と黙ってしまうそんな感じです。小心者で影響されやすい私は当分ショッピングセンターへ行ってもエスカレーターには乗らず、非常口を常に確認してしまいそうです。
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-21 00:28 | book
a0045300_1736368.jpg
週末はV6三昧。金曜日は握手会、土曜日はライブ(いずれも大阪城ホール)
目の保養。ありがたや。ありがたや。
初生V6はオーラが違う!6人全員格好ヨカッタ♪同じ人間とは思えない繊細な造りをしていました。目が釘付けとはまさにこのこと。顔以外見る余裕なくてどんな服着てたか覚えてない・・・不覚じゃ。
大好きな岡田クンは案の定、想像通りの超男前。お肌もツルッツルのピッカピカで綺麗。ほぅ♪っとため息。こりゃ年も暮れになって今年一番の男前を見たね。あんな間近で男前と握手した上に見つめられて「ありがとう」なんて言われちゃったなんて信じられない。「ありがとう」はこっちのセリフ。よく腰が抜けなかったものです。我ながら腰を抜かさなかったことに拍手!自分を誉めてあげたい。
この右手は当分洗わんゾと心の中で誓いつつも、トイレに行った後ためらうことなく手を洗い「Oh!my GOーDDDDD!洗ってしまったー!」(←お約束)
土曜日は握手会のテンションをいい感じで保ちながら、“新兵器 music mind~V6ターボ~”とやらに乗った6人が颯爽と舞台に降りてくるのを「すげー!やっぱアイドルってすげー!」と単純に驚いたりして充分に満喫しました。ファンのみんな小道具(ウチワ・ライト)を手に持ってるからあんまり手拍子しないのね。新鮮。私は岡田クンだけを双眼鏡で追いかけて堪能しました。動き回るから目で追うのが大変。ふと双眼鏡を外すと近くに他のメンバーが来ててちょっとビックリ。ごめんなさい。全然みてなくて。
とにかく、この2日間でこれからもV6を応援し続けようと決心したのでした。
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-19 17:45 | diary

『ノエル』

a0045300_1411946.jpg『ノエル』を観ました。★★★
NYを舞台に繰り広げられるクリスマスのファンタジー。監督は俳優のチャズ・パルミンテリ、この作品が初監督作品です。
アルツハイマーの母親の看病と仕事に明け暮れるバツイチ独身女性ローズ(スーザン・サランドン)。結婚を1週間後に控えたニーナ(ペネロペ・クルス)と警官のマイク(ポール・ウォーカー)。マイクに執拗につきまとう老人アーティ。それぞれの事情で孤独を抱えた人々のクリスマス・イブという特別な日の物語です。
“ノエル”フランス語でクリスマスという意味の直球な題名の映画。フランス語にしただけでグンとお洒落度が増すような気がするのは私だけ?この時期に観るにはピッタリです。派手でロマンチックなラブストーリーではないけれど、心温まる内容です。バラバラに進みつつも時には繋がって互いに接点を持つ面白いストーリー展開です。(『ラブ・アクチュアリー』を地味にした感じ・・・)地味とはいえ出演者はスーザン・サランドンやペネロペ・クルスなど結構豪華メンバーでクレジットには出ていない有名な俳優さんも登場します。
部屋に飾られたクリスマスツリーや街のイルミネーションがすごくイイ雰囲気。
やっぱNYのクリスマスは違う♪洗練されてる♪
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-15 14:14 | cinema

KING OF 小籠包

a0045300_13404177.jpg
台湾旅行の目的の一つはズバリ「鼎泰豊(ディンタイフォン)」
ニューヨークタイムズの世界10大美食レストランに選ばれたこともあるという名店です。(ちなみに他の9つは知りません。知ってる人は教えて下さい。)

More
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-14 13:49 | food
a0045300_9424724.jpg『Mr.&Mrs.スミス』を観ました。★★★
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが主演のアクションコメディ。監督は『ボーン・アイデンティティ』のダグ・リーマン。
互いに対立する別組織に所属する殺し屋だという絶対に明かせない秘密を持った結婚6年目のスミス夫妻は最近、すれ違い気味。偶然同じターゲットを狙っていた2人は任務遂行中に鉢合せしてしまい、それを知った組織からは相手を殺すように命令が下ります。
主演の2人は美男&美女のパーフェクトカップルですごくお似合い。豪邸でのゴージャスな暮らしぶりもこのカップルなら嫌味なくハマっています。これが真のセレブリティということか?ストーリー展開は緊張感に欠けていますが、テンポ良く、アクションはもちろん笑えるシーンもたくさんあって楽しめました。ジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)役は当初、ニコール・キッドマンの予定だったらしいですが、アンジーが主演じゃなかったら★2つ。それぐらい彼女はジェーン役にピッタリでした。アンジェリーナ・ジョリーの存在感とブラッド・ピットの顔の小ささにプラス★1個!ブラピはスタイル抜群のアンジーより顔ちっちゃかったよ。ビックリ。
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-13 10:02 | cinema

サザンが好きです!2005

a0045300_14423328.gif
サザンのライブ『SOUTHERN ALL STARS Live Tour 2005 みんなが好きです!』(大阪ドーム)へ行ってきました。
待ちに待ったサザンのライブ。最新アルバム『キラーストリート』からはもちろん、懐かしい曲もたっぷり全29曲☆サイコーでした!歌って踊って大満足です。アルバムの予習が不完全だったので少し心配だったけど、ライブが始まるとそんなことは無問題。花火がドッカンドッカン爆発しまくりの派手なステージで歌って踊ってあっという間の3時間。
『ロックンロール・スーパーマン』の時にたくさんの風船が落ちてきて、大きな風船がボヨヨ~ンと会場中をとびはねているのがとても可愛かった♪桑田サンは黄色いランドセルを背負っていてもロックンロールスターの風格たっぷりでした。
サザンはいいね~♪名曲ばっかりね~♪初生TSUNAMIよかった~♪
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-12 14:47 | diary
a0045300_20394567.jpg『恋愛適齢期』(2003)を観ました。★★★
監督は『ハート・オブ・ウーマン』のナンシー・マイヤーズ。
付き合う女性は30歳以下の美女ばかりという初老の富豪ハリー(ジャック・ニコルソン)と中年独身劇作家エリカ(ダイアン・キートン)。ひょんなことから恋に落ちた2人とエリカに一目惚れする若くてハンサムな医師ジュリアン(キアヌ・リーブス)も加えての恋愛模様を描いたラブ・コメディ。

ダイアン・キートンはもうすぐ60歳とは思えないほどスタイルが良いです。笑顔が素敵でチャーミング。ジャック・ニコルソンはニヤけたスケベおやじにしか見えず、それでいてナゼか憎めない雰囲気がユーモラスでストーリーにピッタリと合っていて楽しめました。ハリーとエリカが白い砂浜を散歩するシーンはとても絵になっていました。“大人の恋愛映画”と言われるのも納得です。
キアヌ・リーブスは出番こそ少ないながらも好青年ぶりをフルに発揮していましたが、あんな優しくて引き際をわきまえた物分かりのいい男いるのか?大きなお世話ですがイイ人過ぎた彼のこれからの人生がちょっと心配になりました。

久しぶりにDVDを観ました。DVDを買っても「手元にあるからいつでも観れる」という安心感からついついご無沙汰してしまうんですよね~ 釣った魚には餌をやらないタイプ???ちょっと違う?
[PR]
by piccorina_k | 2005-12-08 21:37 | cinema