4月なので特に深い意味もなく、タイトルを変えてみました。


by piccorina_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:diary( 32 )

こんなところに春の気配

a0045300_9401355.jpg週末あたりからなんだか鼻がムズムズします。そういえば目もショボショボします。クシャミ連発です。あまりの連続技に息継ぎのタイミングを逃して苦しくなります。
これは決して風邪ではありません!とうとうこの季節がやってきました。
ああ、私の目や鼻や耳が着脱式であったなら・・・かゆい時に取り外し、ザブザブと丸ごと水洗いしてスッキリ花粉を洗い流してしまえるのに。これ以上の進化が望めないのなら、いっそのこと退化して水中で暮らしていた頃に戻りたい(?)この季節はそんな後ろ向きな私です。
[PR]
by piccorina_k | 2006-02-28 09:41 | diary

タオル、求ム!

a0045300_1551563.jpg
19日の日曜日、大阪城ホールへゆずのライブ『ゆず体育館ツアー2006 リボン』に行ってきました。悠仁は今回も溢れんばかりの笑顔を振りまいて女の子達をキャーキャー♪言わせてました。私は彼が歳をとるのに反比例してどんどん可愛くなっていく様子をここ数年じっと観察中です。ご心配なく、もちろん歌もちゃんと聴いてます。そして、私はちゃんと岩沢さんも見てますから。
会場に着いた時にはツアーグッズのタオルは売り切れ。すごいね。タオル欲しかった。こんなにタオルにこだわる理由、「陽はまた昇る」の時に“タオル投げ”したかっただけなんですけど、それが何か?
帰り道「悠仁って段々可愛くなってきてる」と“悠仁ファンの友人”(←カケてみた)に告げたところ「上の立場みたいな言い方をするな」とお叱りをうけました。反省。「可愛く成長なさってる」これでどう?
[PR]
by piccorina_k | 2006-02-22 02:07 | diary
a0045300_20375520.gif
シアターBRAVA!でNODA MAP第11回公演『贋作 罪と罰』を観てきました。舞台を幕末の江戸時代に移しドストエフスキーの「罪と罰」を戯曲化した芝居です。野田秀樹の演出モノは常々難しいと聞いていて私に理解出来るんだろうか?という混沌とした不安はあったものの、心配していたほど内容も演出も難しくなかった。ほっ。
「人類の幸福に貢献することの出来る非凡人は既成の道徳法律を踏み越える権利がある」その思想に基づいて殺人を犯した英(松たか子)が友人才谷(古田新太)に苦悩する胸のうちをぶちまけるシーンは観ているだけで息が詰まるぐらい迫力があって圧倒されました。松たか子は抜群に凛々しかったし、古田新太はすこぶる格好ヨカッタ。あの二人は本当にすごかった!あんなお芝居を書ける野田秀樹は更にすごいってことなのか?
客席の中央に据えられて360度ほぼグルリと観客にとり囲まれた舞台と大小色んな大きさや形をした椅子で構成されていたセットが斬新でした。あ!あとプチプチ!(←梱包する時につかうアレです!お菓子の缶に入ってると一心不乱につぶしてしまうアレです!)大きな1枚のプチプチで舞台一面を覆ったり、プチプチを巻きつけた棒が柱や扉になったり・・・舞台装置はsimple is best!
[PR]
by piccorina_k | 2006-02-20 20:49 | diary

積年の悩み爆発

a0045300_19411650.jpg傘が欲しいのです。雨の日にさす例のヤツです。ま、雪の日にさしてもいいんですケド。そこんとこは臨機応変に。
これです。THE MUSEAM OF MODREN ART, NEW YORK のその名もズバリ、スカイアンブレラ!
憂鬱な雨の日に青空をひとりじめ!パッと明るい気分になること間違いなし!
数年前にMoMAの特集をしていた雑誌の記事でこの傘を見て以来ずっと気になる存在だったのですが、ボタンを押したらパッと開くワンタッチ傘(いわゆるジャンプ傘?)が苦手であと一歩が踏み出せず・・・現在に至る。それに、実物をみてないから「あれ?ちょっと想像してたのと違う」なんてことになるんじゃないかと心配したりもして。
しかし、ここにきて物欲ランキング赤丸急上昇の要因は『アメノナカノ青空』。この映画の中でスカイアンブレラが使われているらしいのです。ん?らしいのです?エエそうですよ。観てませんとも。この映画。
観なくたって欲しくなるんじゃい!買おうかな~どうしようかな~ 迷走中。
[PR]
by piccorina_k | 2006-02-08 19:51 | diary

ひひひひひ・・・丙午♪

a0045300_1482071.gif
FM802が主催するライブイベント「ROOTS66」(大阪城ホール)に行ってきました♪楽しかった~♪
出演するミュージシャンは全員1966年生まれの同い年!スポーツ選手にありがちな「○○年会」みたいに同い年!でも、めっちゃくちゃ豪華な同い年!1966年は60年に一度の丙午で出生率が激減した年らしいけどきっとミュージシャンの当たり年に違いない。
「大人になることは、妥協することでも諦めることでもない。」ひょえー♪カッコいいー♪これはあっちゃんより数段カッコいい。しびれるね。
若かりし頃、ユニコーンが大好きだった私は解散してから10年振りに歌うと前置きした阿部Bの「人生は上々だ」にジーンとしましたよ・・・涙(←感激の)
観客だけではなく出演しているメンバーもあの日大阪城ホールにいた全員がステージを楽しんでる雰囲気が伝わってきて大満足な一日でした。

ちなみに今年2006年は丙戌。
[PR]
by piccorina_k | 2006-02-07 14:10 | diary
a0045300_10215062.jpgわーい♪わーい♪
金城武が表紙のNEWSWEEKアジア版。嬉しくって接写気味です。
友達が本屋さんで見付けて買ってきてくれたという100%他力本願で手に入れた代物です。感謝。
おまけにな、な、なんと眼光鋭いポスターまでついてます。感激。
これは殿堂入り決定。
NEWSWEEKさん、日本はアジアじゃないのか!(←過去の記事はコチラ)なんて怒っちゃったりしてごめんなさい。許して下さい。
[PR]
by piccorina_k | 2006-01-31 10:23 | diary

13人目の優しい日本人

a0045300_11474292.jpg
シアタードラマシティに『12人の優しい日本人』を観に行ってきました。三谷幸喜作・演出で江口洋介、石田ゆり子、筒井道隆、生瀬勝久ほか個性豊かな役者さんが出演しているシチュエーションコメディ。
“日本にもし陪審員制度があったら?”という設定のもと、職業も年齢も性格もまったくバラバラな一般市民12人が陪審員として選ばれ、ある殺人事件の判決をめぐり議論を繰り広げる姿をユーモラスに描いています。
なんと4列目の席が取れました!すごい!1月にしてもう既に今年の運を使い切ってしまったかのような幸運に「本当に私でいいんですか?」と突然のプロポーズへのベタなリアクションみたいな妙な焦りも感じつつ、じっくり観劇してきました。
舞台は陪審員室のみ。場面転換が1度もなく、ぶっ通しで議論しあいます。テンポよい会話が続き2時間の上演時間があっという間。主役も脇役もなくて「あーこんな人、いる!いる!」という人ばかりの12人から目が離せません。コメディなのにミステリーみたいな謎解きもあり、大笑いしながら自分が13人目の陪審員になったような気がして「無罪」と「有罪」の間を揺れ動いていました。
このお芝居の東京サンシャインボーイズによる初演は今から16年も前の1990年。当時は架空の設定だった日本での陪審員制度は3年後の2009年に導入が検討されていて、自分がこの12人のうちの1人になる可能性があると思うと、このお芝居のように清々しく後味の良いラストを迎えることが出来るのかどうか・・・自分とは利害関係のない1人の人間の運命を決定してしまうことのリアリティに尻込みしてしまいます。
ちなみに、生江口っちゃん(舞台初挑戦らしい)は背がスラリと高くて凛々しかったっす。オトナの男っす。体育会系口調で男っぽさをアピールっす。
[PR]
by piccorina_k | 2006-01-27 11:50 | diary

眉と前髪の微妙な関係

前髪を切りましたデス。
2005年はサラリと前髪をかきあげる大人の女的仕草に憧れて(充分、オトナなんですケド)そりゃあもう熱心に前髪を伸ばしていたものです。しかしながら、どこまで伸びても鬱陶しく顔にかぶさってくるmy前髪。これはきっと前髪の生え方に問題があるのではないかとッ!根本的な問題に行き着いたワケで・・・行き着いた途端に行き詰まってしまったワケで・・・そんなこんなで切りました。
a0045300_17292718.jpgOn The 眉毛(死語)でございます。
眉のチョイ上で揺れる毛先、ちょっとオデコがむずがゆいそんな真冬の午後でした。
こちらは今回使用したカットはさみ。⇒
切れ味GOODです!
[PR]
by piccorina_k | 2006-01-23 17:36 | diary
a0045300_9314575.jpg神戸市立博物館で開催されている『ナポレオンとヴェルサイユ展』に行ってきました。ナポレオンの戴冠200年を記念したこの展覧会ではフランス革命からナポレオン時代までの絵画、彫刻、家具、宝飾品など約150点が出品されています。


a0045300_934532.jpg白馬にまたがったポーズが有名な絵画「アルプス越えのナポレオン」も展示されていました。キリリと澄ました顔で威厳たっぷり、勢いよく馬で駆けるド迫力のナポレオンが描かれたこの作品、実は、ナポレオンは乗馬があまり得意ではなくあんなポーズは無理だったようです。しかも、雪が深く険しいアルプスの山を実際は馬ではなくロバで越えたそうです。“絵にならない”アルプス越えを想像してナポレオンに少し親しみやすさを感じました。
私の中では夏目漱石と並んで“我が輩”が似合う男、ナポレオン。(2人が自分のことを“我が輩”と呼んでいたかどうかは不明。しかも、夏目漱石の場合は本人ではなく、猫が言うだけです。あくまでも私のイメージです。)軍人として“英雄”の印象が強かったのですが、政治家としても手腕を発揮し王政から近代ブルジョア国家へと大きく歴史が移り変わる中で大きな役割を果たしていました。もう少し歴史やナポレオンについて勉強してから観に行けばよかったと後悔しました。
ごめんね・・・ナポ。
[PR]
by piccorina_k | 2006-01-16 09:37 | diary
a0045300_057287.gif世界一小さいリングと言われるDiorのMimiouiリング♪
かわいい♪かわいすぎる♪♪♪
本当に小さくて華奢でラブリーパワー全開です!
小さいながらもダイヤがキラリと存在感アピール☆
「仕事も恋愛も趣味も遊びもすべてを楽しみたい」という女性をイメージしてデザインされたこのリング。
誰かのきもちに答える“oui(ウィ)=YES”というメッセージもこめられているのだそうです。

よって今年のスローガンはこの宝物Mimiouiリングにあやかって(?)
『仕事も恋愛も趣味も遊びもすべてを楽しむ!』に決定!←丸ごとパクリ
a0045300_0571658.jpg

[PR]
by piccorina_k | 2006-01-11 01:04 | diary