4月なので特に深い意味もなく、タイトルを変えてみました。


by piccorina_k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

初詣♪

a0045300_16305870.jpg
奈良にある唐招提寺薬師寺に行ってきました。



まずは唐招提寺。奈良時代に聖武天皇の御願を受けた唐(中国)の高僧 鑑真和上によって創建された律宗の総本山です。1989年に世界遺産に登録され境内には井上靖の小説“天平の甍”の呼び名で広く知られている金堂をはじめ、たくさんの伽藍が残っています。
a0045300_16421786.jpg駐車場がガラガラだった時点で気づくべきでした。参拝者で賑うであろうこの時期に「何かおかしい」と・・・そう!奈良時代金堂建築としては現存唯一である金堂(国宝)は『平成の大修理』の真っ最中(平成12年から21年まで9年間の予定)だったのです!とてつもなく大きいプレハブに覆われた金堂を前にガックリ肩を落としたのは言うまでもありません。「鑑真の像さえ見れたらいいもんねー。ドンマイ。ドンマイ。」と自分で自分を慰めつつお気楽に御影堂へ。しかし!日本最古にして最高の肖像彫刻である「鑑真和上坐像」(これも国宝)は一般公開されていなかったのです!さすが国宝!ガードが堅い!!ガックリ。お宝にとことん縁がなかったのですが、校倉造の美しい建物が立ち並ぶ静かな境内を散歩して少し心が落ち着いたのでした。
a0045300_16455685.jpga0045300_1646451.jpg




気をとりなおし、唐招提寺から歩いて10分程の場所にある薬師寺へ。文武2年藤原京に創建され、平城遷都に伴い現在の場所に移転された法相宗の大本山で1998年に世界遺産に登録されています。薬師寺も薬師如来を中心とした薬師三尊像や一見六重に見える三重の塔など国宝がたくさん。
a0045300_16501158.jpg唐招提寺ではとことん国宝に見放された私。薬師寺では特別公開されていた「大唐西域壁画」を観ることが出来ました。ラッキー♪平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて完成させたという壁画は高さ2.2m、長さ49mに及ぶ大作で西遊記で有名な三蔵法師(玄奘三蔵)が長安を発ち天竺に至るまでの求法の旅とその精神を描いたものです。壁画の左部分にはバーミヤンの石仏が描かれていました。2001年、タリバンに破壊されて今はもう姿をとどめていないその遺跡が破壊以前のまま描かれている壁画をみると月並みな表現ですが平和の尊さを強く感じました。
深い感銘を受けたのもつかの間、隣の方から「えっ?!三蔵法師って男?!」の声が・・・確かに古くは夏目雅子、宮沢りえ、牧瀬里穂、そして1月9日スタートのドラマ“西遊記”の深津絵里も三蔵法師を演じるのはすべて女性。しかしながら三蔵法師は男性です。完全にオッサンです。完璧にTVの見過ぎです。
a0045300_16544450.jpga0045300_16502751.jpga0045300_16503472.jpg


はぁ~ ガックリ満載で始まった2006年。果たして幸先の良いスタートと言えるのだろうか???
[PR]
by piccorina_k | 2006-01-03 16:59 | diary