4月なので特に深い意味もなく、タイトルを変えてみました。


by piccorina_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『シンデレラマン』

a0045300_12122774.jpg『シンデレラマン』を観ました。☆☆☆☆
1930年代に活躍したジム・ブラドックというボクサーの波瀾に満ちた人生、家族との絆を描いた作品です。監督はロン・ハワード。ラッセル・クロウが家族の為にどんな逆境にも立ち向かう強い男を、レニー・ゼルウィガーが彼を気丈に支える美しい妻を演じていました。

大恐慌という苦しい時代に家族を守る為にひたすら闘う姿が家族にとってだけでなく、アメリカ全土の希望の星になる。全て脚本によるものなら「都合の良い展開」という印象を受けますが、ジムは実在するボクサーで物語は実話なのです。すごい!すご過ぎる!!
144分という長さにも関わらず、ぐいぐいストーリーに引き込まれてしまいました。ボクシングでお金を稼ぐ為にツアーに出ることが多かったジムはほぼ毎日妻のメイに手紙を書き、その200通あまりのラブレターが今も残っているというエピソードをある雑誌で読みました。ボクサーという荒々しいイメージのジムが持つ詩的な一面を知り、妻や子供達を愛する深い気持ちに感動しました。言葉に表しきれないものがたくさん詰まった手紙。素敵です。愛や希望、目に見えないものの大切さについて考えさせられた作品でした。
[PR]
by piccorina_k | 2005-10-24 12:12 | cinema